Close


2020年6月2日

新型コロナウィルス関連最新情報 (6月2日更新)

目次:

  1. 【オランダ・EU内情報】
    NEW! GGDコロナテスト電話予約№始動。予約時にはBSN番号が必要です。:0800-1202(8:00-20:00)
    コロナの症状が疑われる場合に予約が可能です。
    NEW!  RIVMによる「企業や機関の安全な再開ガイドライン」を追加しました。
  2. 【日本国内および日本へ帰国する際の情報】
  3. 【お役立ちリンク集】
  4. 【会社で罹患者が発生した場合(4月5日更新)】
  5. 【個人、家庭の健康「コロナ感染かな?」と思ったら – 対策まとめ(4月5日更新)】
  6. 【当地で人権侵害を受けたら…】 (3月11日更新)

 

1.【オランダ・EU内情報】

 

2【日本国内および日本へ帰国する際の情報】

  • KL861スキポール→成田空港帰国レポート(会員様よりご提供、5月9日更新)
  • 海外から日本の空港に到着した際の検疫措置の大まかな流れ (4月5日更新)
  • 日本国政府発表:全世界に対して危険度2、オランダの感染症危険レベル3へ引き上げ(3月25日更新)
  • 3月27日午前0時(日本標準時)以降オランダを含む感染国から日本への帰国者水際措置改定(14日間の待機要請と空港到着時のPCR検査強化)*日本国籍者でない方は、日本の在留資格(在留カード)を持っていても入国できないこととなりますのでご注意ください(日本人は入国拒否の対象にはなりません。)
  • 厚生労働省ページ「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」、「帰国されたお客様へ」(随時更新)
  •  ベルギーへの国境封鎖:陸路でオランダからベルギーの空港へ移動の場合帰国目的のみ、有効なパスポート、到着地までの航空券、外交団レター(mission letter)を所持していれば入国可能 >詳細を読む(3月25日更新)
  • 成田空港検疫担当者情報、および送迎対象となるホテル一覧(3月24日現在)
  • 飛行機乗り入れ制限はこちらでチェック(IATAページ 国名を入れて最新情報を入手)
  • 外務省海外安全ホームページ

3【お役立ちリンク集】

4. 【個人、家庭の健康「コロナ感染かな?」と思ったら – 対策まとめ(4月5日更新)】

  1. コロナ感染(詳しい症状など、判断基準は以下Q&Aを参照)を疑ったらまずハウスドクターへ診療所へ直接出向かず、電話。問診の後テスト実施の判断を仰ぐ。
  2. ホームドクター未登録の場合、GGD(0800- 1351)へ直接電話 最寄りGGD検索ページ 【お住まいのポストコードを入れて検索】、アムステルダム、フェーン管轄のGGD
  3. 検査結果が要請の場合、GGDの指示を待つ。
  4. 感染経路、濃厚接触者特定作業(GGD)、GGDよりRVIMへ感染報告。個人で行政への報告義務はなし。
  5. 重篤化した場合病院への来院を指示される場合もあるが大体は自宅でまず安静の上、様子を見る。(自宅隔離)

【参考資料】

  • RVIM発行 Q&A集(英語、随時更新)
  • 新型コロナウィルスよくある質問Q&A集 (3月19日在蘭日本国大使館作成)
  • オランダ政府発行自宅隔離について(英語)

5. 【会社で罹患者が発生した場合(4月5日更新)】

  1. GGDへ報告 GGDよりRVIMへ感染報告。罹患者発生情報を会社が直接行政へ報告する義務はなし。
  2. GGDによる社員の感染経路、濃厚接触者特定作業開始。
  3. 感染者が発生した時点で概ね各社の自主判断(危機管理対策)にて職場の閉鎖、消毒作業などすることが多い。感染経路や、会社規模などによりGGDの指示が変わる場合もあるので、GGDの指示をその都度仰ぐことが重要(Amstelland病院ジャパンデスクからの情報による)

6. 【当地で人権侵害を受けたら…】 (3月11日更新)

  • オランダ人権研究所(政府機関)人権侵害報告書へ記入 する(蘭語)
  • オランダ警察人権侵害報告ウェブサイト で 人権侵害報告書 へ記入 する(蘭語)
    蘭語でお困りの方はJCC事務局(TEL:0206621457)へご連絡ください。お手伝いいたします。
  • 日本大使館領事班へ在留届を提出した場合,安全情報を含めた領事関連の情報をメールで受けとることができます。在留届を提出されていない方は,この機会に是非ご提出をお願いします。登録方法は, 在オランダ日本国大使館ホームページ をご確認ください

2020年6月2日