Close

News

Most updated info on COVID-19

【Updated on July 3 】 Corona Dash Board (update everyday) RIVM(English) RIVM(Dutch)、Q&A on COVID-19 IATA website / (Information by country) NOS Most updated info (Dutch)  COVID-19 Hotline (GGD)  088-1351 (8:00 – 20:00) Covid-19 Infection map in NL Covid-19 Infection Worldwide map  The coronavirus and your company  – issued by KVK, RVO, Government.nl Discrimination ? Application formula at mensenrechten.nl  /  Application formula at politie.nl ECDC WHO GGD KLM

September 24, 2020

新型コロナウイルスに関するビジネス情報リンク集 (労働法、税務、政府補助施策等)

  >>新型コロナウィルス関連最新情報ページへ戻る   新型コロナウイルス感染拡大にかかるビジネスへの影響が懸念されるなか、事業運営での労務、税務などの迅速な対応、さらにオランダ政府などのビジネス支援制度等の確認/対応などが急務となっております。今般JCC会員の各法律・会計事務所様より関連した各種情報提供を受けておりますので、ご参考までに関連情報を掲載致します。関連情報のご提供に感謝申し上げる次第であります。 投資事業環境部会   オランダ商工会議所(KVK)英語ページ オランダ政府の人件費補助政策「NOW」申請はUWVのサイト(蘭語)から サマリー情報はGovernemt.nlのQ&Aページからもご覧いただけます。 在宅勤務の留意点(JAICO,一般社団法人日本産業カウンセラー協会) 【AKD】 ・納税期限の延長に関して (3月16日付)[英文リンク] ・Temporary Emergency Measure Job Security (NOW) (3月18日付)[英文リンク] ・NOW概要説明(ポッドキャスト) (4月3日付)〔英語音声、日本語字幕付〕(※字幕の表示がない場合は、Youtube画面右下の「字幕」をONにしてください) ・NOW変更点(グループ企業に対する適用範囲の拡大) (5月7日付)[PDF英語] ・NOW変更点(グループ企業に対する適用範囲の拡大)(日本語参考訳) (5月7日付)[PDF日本語] ・Q&A : Temporary Emergency Measure Job Security (NOW) (5月15日付)[PDF英語] ・NOW1.0 変更及び追加情報に関して (5月26日付)[PDF英語] ・NOW2.0 NOW延長に関する概要 (5月26日付)[PDF英語] ・NOW2.0確定版概要(6月29日付) [PDF日本語][PDF英語修正版] 【EY】 ・新型コロナウィルス感染拡大に対するオランダ入国制限措置 (3月18日付)[PDF英語] ・新型コロナウィルス感染拡大に対するオランダ税法と経済対策の概要 (3月18日付)[PDF英語] ・企業リーダーへの指針(How companies can reshape results and plan for a COVID-19 recovery) (3月18日付)[PDF英語] ・COVID-19に関する税務取扱いと法的対策 (3月18日付)[PDF日本語] ・COVID-19 – 給与計算における対策 (3月26日付)[PDF日本語] ・COVID-19 Immigration Update (オランダイミグレーション関連アップデート&FAQ)  (5月8日付)[PDF日本語サマリー付き英語] 【Heussen】 ・Details of temporary emergency bridging measure for job retention (NOW) (4月2日付)[PDF英語] ・雇用維持のための暫定的緊急つなぎ措置 (NOW) (4月2日付)[PDF日本語] ・Broadening of the concept of a group company in the temporary emergency bridging measure for job retention (NOW) (5月12日付)[PDF英語] ・雇用維持のための暫定的緊急つなぎ措置(NOW)におけるグループ会社についてのコンセプト変更 (5月12日付)[PDF日本語] ・Emergency Legislation (5月20日付)[PDF英語] ・法人に関する緊急対策法 […]

September 2, 2020

JCC staff will work from home until 22 May

The JCC Secretariat will follow the measurement of Dutch government on the spread of the new coronavirus infection and the recommendation of “work from home as much as possible”. JCC staff will work from home until 22 May, 2020 JCC telephone number is forwarded to the mobile telephone of JCC JCC is reachable via email and telephone as usual.   We wish you stay safe and healthy! JCC secretariat

September 1, 2020

第2回通常会員緊急アンケート結果「6月1日(月)からの蘭政府の感染防止措置の緩和等」を

対象者: JCC通常会員275社 各社代表者1名 調査期間: 2020年5月29日から2020年6月3日 調査方法: 有料オンラインアンケートツール「Survey Monkey」およびワード返答用紙にて回答を収集、JCC事務局で集計 有効回答数: 228社(275社中) 回答率: 83% アンケート結果はこちらからご覧ください   この結果が皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いです。また、NFIAなどのオランダ政府機関、在蘭日本国大使館とも情報を共有させていただき皆様からのお声をお届けいたします。 なお末筆になりましたが、アンケート内で、皆様よりご要望、ご提案、ご意見の他、温かな激励のお言葉を多数頂戴いたしました。 関係者一同、大変うれしく、心よりお礼申し上げます。今後共会員の皆様へ正確な情報を、タイムりーにお届けできるよう努めて参ります。ご意見、ご要望、ご質問などございましたら、何なりとお知らせください。 今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

June 5, 2020

企業・機関などの安全な再開のガイドライン (RIVMホームページより)

企業や機関の安全な再開にむけて (日本語訳JCC5月29日作成、出典:RIVMホームページ(蘭語)) 政府の措置により閉鎖された施設の一部は順次再開されることになりました。これらには、レストランやカフェ(テラスを含む)、映画館、図書館、博物館、モニュメント施設、文化施設、および/または劇場やコンサートホールなどが含まれます。当然、これらの施設ではスタッフ、訪問者(顧客、ゲスト)の安全を確保しなければなりません。雇用者、マネジメントはどのようにして「1.5メートル」を保ち安全を確保する事が出来るでしょうか。そこでRIVM(国立衛生環境研究所)はこのガイドラインを作成しました。各団体はこれを使用し、独自のコロナプロトコルを作成することが可能です。このガイドは、政府のコロナ感染防止措置によって閉鎖していない企業・団体・機関でも使用可能です。業界団体と傘下の組織は現在、RIVMガイドラインを基にプロトコルで独自に作成しています。詳細はこれらの団体から、入手してください。 企業や機関では、既存の独自ガイドライン、様々な基準、労働条件、労働法、職場における労働者の健康、安全及び福利に関する法律などが適用される場合があります(例として衛生対策や清掃体制)。これらは、RIVMガイドライン以上の基準を備えている場合もあります。その場合、もちろん、既存のガイドライン、品質基準、または法律が優先されます。   職業セクター内の追加対策について RIVMでは企業・起業家とその従業員向けに追加措置を備えたガイドラインを作成しました。明確なCOVID-19感染防止措置に加え、各セクターによる既存のガイドライン、規定、そして各法律の適用の方が更に厳しい場合もあるかもしれません。もちろん、その場合は既存の規定、ガイドライン等は引き続き適用されます。   衛生対策、距離を保つこと、健康チェックが基本 企業・起業家とその従業員すべての方が安全に働くことができるためには、専門家によるアドバイス(ガイドライン)に従うことが重要です。 政府の衛生ガイドラインを遵守してください。石鹸と水で定期的に手を洗う。手で顔に触れない、握手はしない。咳やくしゃみをするときは肘の内側で口をふさぐこと。 今後、自身と訪問者の両方の健康チェックを遂行する必要があります。健康チェックとは(商業)サービス等を利用する以前に、あなた自身、そして訪問者(顧客)が新型コロナウィルスの症状がないかどうかを常にチェックすることを意味しています。 例としてチケット販売時または予約段階で、スタッフは訪問者の健康チェックを行います(以下の質問を参照)。これらの質問項目のいずれかが「YES」の場合はアポイントや予約の受付はせずすでにアポイント・予約済の場合はキャンセルするようにしてください。 企業責任者、管理職(マネージャ)、従業員の場合は鼻風邪、咳、発熱、息切れなどの症状がある場合はその症状がなくなるまで在宅療養し、その間は出勤できません。就業中に症状がみられた場合すぐに帰宅するようにしてください。 管理職(マネージャ)、従業員としてあなたが「コロナ感染リスクグループ」に属している場合は、勤務継続によって生じるであろう自身の健康リスクを十分考慮し注意深く検討する必要があります。企業医と相談の上、どのような活動を実行、再開できるか十分検討する必要があり、その結果次第では職務を再開しない/あるいは他の仕事をする機会を与える必要があることが考えられます。   健康チェック依頼 (JCC注:雇用主が従業員に職場で質問するものではありませんのでご注意ください。従業員各自がこの基準に一つでも当てはまる場合は出勤ができない、という基準ですので、出勤前の各自の健康管理情報としてお役立てください) 以下の項目のいずれかでYESの場合、従業員は仕事に来るべきではありません。またお客様、クライアント、などすべての訪問者も予約または予約訪問が不可能になる可能性があります。すべての質問に対し一つでも当てはまる場合、出勤・訪問は延期しなければなりません。 質問1)過去24時間または現時点で、風邪、咳、息切れ、および/または発熱(摂氏38度以上)のうちの1つ以上の(軽度の)症状がありますか? 質問2)現在、発熱や息切れのある家族や同居者がいますか? 質問3)過去7日間に新型コロナウイルス感染と診断されましたか(検査機関のテスト結果も含む)? 質問4)新型コロナウィルスに感染している家族や同居者がいますか? 質問5)過去14日間に、新型コロナウィルスに感染している家族や同居者と濃厚接触がありましたか? 質問6)新型コロナウィルスと診断された人と接触したため、あなたは自宅待機中ですか? 追加項目:嗅覚や味覚の突然の喪失など >>>画像をダウンロード   感染防止目的の個人用保護具は不要 企業・起業家とその従業員として(自己)健康チェックを施行し、訪問者もそれを順守している場合、個人用保護具着用の必要はありません。(例として、マスク、エプロン、使い捨て手袋の着用)理由は、軽度の(風邪に似た)症状があった場合は外出せず自宅にいることが政府の感染防止措置の基本とされていることによるものです。また、1.5メートル他人との間隔をあける、握手をしない、石鹸と水で頻繁に手を洗うことが政府の感染防止基本措置であることを念頭に置くことが最も重要です。 従業員が職場の構造的に(例えば総規模の調理場)1.5メートル間隔を開けることができない場合があります。その場合、別途RIVM発行のガイドライン「接触業(コンタクト職業)で安全に働く」をお使いください。   距離の確保と健康チェック 訪問者のフローを制御するための提案: 従業員/訪問者は、サービス/訪問の開始前に(自己)健康チェックを行う必要があります。 また、チケット販売/予約前と訪問の開始時に、訪問者は健康チェックを通知されなければなりません。 また、政府発表の訪問者の上限数がある場合はこれを遵守する必要があります。 テーブルを設置するとき、または一つのスペースにおいて人が集合している場合は1.5メートルの間隔を厳密に保つ必要があります。これは訪問者、従業員に対してすべての人に適用されます(これは住居を共にする家族などには適用されません)。 従業員は訪問者に対して1.5メートルの間隔を守るよう注意を促してください。 ドア/自動ドアを開け放すなどし、スムーズな人の流れを確保してください。 レジ/カウンターでの従業員と訪問者の接触はできるだけ限定するようにしてください。 コロナ感染リスクグループに属する従業員および訪問者の場合: リスクグループの一つでも当てはまる従業員、あるいはあなたが「コロナ感染リスクグループ」に属している場合は、勤務継続によって生じるであろう、自身の健康リスクを十分考慮し注意深く検討する必要があります。企業医と相談の上、どのような活動を実行、再開できるか十分検討する必要があり、その結果次第では職務を再開しない/あるいは他の仕事をする機会を与える必要があることが考えられます。 リスクグループに所属する訪問者は自身で、そのような施設を訪問できるかどうか、また訪問したいかどうかを自分で判断、決定します。 業界は、リスクグループの従業員、訪問者のできる限りの安全確保のため企業医や労働衛生士と相談の上準備をします。 妊娠中の従業員に関して: 妊娠中の従業員には、企業医と相談の上適切なアドバイスをします。この場合RIVMのガイドラインを基本方針に取り入れることができます。 業界団体または傘下組織は、この文書に基づいて妊娠中の従業員に関する独自のポリシーを作成できます。   仕事/訪問中の社会的距離 従業員と訪問者が互いに距離を保つことができるようにするための提案: 一つのスペース(部屋)内人数を制限します。ここでは人々の自己責任が大変重要です。 訪問者を例えば営業時間を広げて(当然、該当する営業時間内に収まるようにします)分散化することも一つのアイディアです。 固定された歩行ルートを作成し、これを明確に示すようにします。 訪問者を屋外(1.5メートルの距離)で待機させ、予約された時間にのみ立ち入りを許可します。 映画館、劇場、またはロビーエリアの座席間に十分な距離をとることを確認してください。 トイレ内の人数を制限します。また、順番待ちの場合など1.5メートル間隔で並ばせるようにします エレベータ使用は注意して監視してください。過密状態での使用を避けるためなるべく上層階への移動にエレベータを使用し、下層階への移動は階段を使用するようにしてください。 訪問者には従業員専用スペース、調理場、更衣室、オフィスへのアクセスを許可しないでください 1.5メートル距離を保つことが現実的でない場合、たとえばカウンター/案内所/レジまたは受付などは、物理的な(プラスチック)の防護装置を取り付けます。 職場と公共スペースを安全に設計するとき、労働衛生士は、現地調査後に、スクリーンの適用など、適切な技術的および組織的対策について企業や起業家に助言することができます。 従業員と訪問者の衛生 RIVM は 公共エリアでの一般的な衛生ガイドラインを設けています。以下のポイントは最小要件です。会社/機関/セクター/セクター適用の法律、衛生または清掃に関する追加の対策、独自のガイドライン/品質要件、職場における労働者の健康、安全及び福利に関する法律、などを考慮してください。 出社時、あるいは施設への到着時に従業員が手を洗うように促してください。そして訪問者に手を洗える環境を提供してください。石鹸と水で手を洗うことが理想的ですが他に選択肢がない場合は、消毒用ハンドジェルを提供してください。 トイレにはペーパータオルと手洗いに十分な量の石鹸を常に用意してください。 ドアハンドル、ATM、タッチスクリーン(訪問者が触る場所)などの手での接触がある部分は1日に数回清掃、消毒するようにしてください。 椅子、手すり、テーブル、トイレの掃除を強化する。少なくとも1日に数回は清掃してください。 毎日の稼働後、通常の清掃手順に従って、施設全体を徹底的に清掃してください。 定期的に窓/ドアを開くことによって換気を十分にするよう心掛けてください。 会社/機関内で一般的なコロナプロトコルの確認を繰り返し行ってください。 握手をしない 咳やくしゃみをする場合は肘の内側で口を覆う ティッシュペーパーを使用して、鼻をかんだ後、すぐ捨てること   従業員のための追加注意事項: 従業員には、距離を保ち、衛生対策に従うことができる自分の食事エリア/休憩室/トイレ/更衣室を用意します。 従業員が訪問者など他人にリスクをもたらす症状(風邪、鼻水、くしゃみ、喉の痛み、軽い咳、息切れ、増加、発熱、および/または匂いや味覚の突然の喪失など)がある場合、仕事に来ることはできません。詳しくは健康チェックの項をご覧ください。 感染疑いの軽い症状がある従業員は、企業医、ハウスドクター、市町村保健サービスを介してテストを受けることができます(JCC注:6月1日からはGGD特別電話(0800-1202, 8:00 – 20.00受付)での予約により直接個人が予約を取ることが可能) 従業員と訪問者が1.5メートルの距離を保つようにするなど従業員を訓練および監督し、衛生対策を遵守させるようにしてください。 従業員への衛生対策は、ボランティアやインターンにも適用されます。 若者(18歳未満)は、職場における労働者の健康、安全及び福利に関する法律によりさらに厳しい基準で保護されています。 流動的なチーム編成ではなく、できるだけ恒久的なチームで作業してください。人員の変更が少ない場合、新型コロナウイルスの感染拡大の可能性が低くなるためです。   サプライヤーのための追加の注意点: 健康チェックは、サービス/稼働日の開始前のサプライヤーにも適用されます。 到着時間と受け渡し場所を事前に両者でしっかり確認をしてください。商品の配送方法も事前に打ち合わせをします。 サプライヤーのために明確な歩行ルートを設定し、これを明確に伝えます。 サプライヤーと商品を受け取る従業員の間には1.5メートルの距離を保ち、手洗いを十分に施行できるようにしてください。 =========   注意事項:本翻訳は会員の皆様の情報収集の一助となるためにJCCがRIVMの情報ページを翻訳したものです。 できる限りの正確性を心掛けておりますが、蘭語と日本語訳に齟齬がある場合は原文が優先します。 この記事の翻訳は5月29日現在のRIVMページの翻訳であることをご了承ください。 なお、本掲載は新型コロナウイルス拡大に伴う事業運営へのご支援の一環として掲載するものであり、 記載内容の採否などについては各社様のご判断とし、万が一ご利用された方が不利益を被る事態が生じても JCCでは責任を負わないことをご了承ください。

June 3, 2020

実用英語技能検定試験、中止のお知らせ

アムステルダム日本人学校におきまして、5月31日(日)/6月28日(日)に実施を予定しておりました、第1回実用英語技能検定試験(通称:英検)は、新型コロナウイルス感染の感染拡大防止のため中止となりました。 第2回につきましては、10月(1次試験:筆記とリスニング)、11月(2次試験:スピーキング)を予定しております。 実施の詳細については、8月中旬以降にご案内いたします。 受験に向けて準備を進めていた児童生徒さんもいらっしゃるかと思いますが、何卒ご理解くださいますよう宜しくお願い致します。 問い合わせ先はこちらまで (アムステルダム日本人学校 事務局)

April 1, 2020

通常会員アンケート結果「新型コロナウイルス」に関する緊急調査

「新型コロナウイルス」に関する緊急調査  日本政府がレベル3に引き上げた直後の時点でのJCC会員各企業対応 結果 対象者: JCC通常会員273社 各社代表者様(各社一名) 調査機関: 2020年3月30日から2020年4月1日 調査方法: メールにて通常会員273社、各企業代表者に送付、有料オンラインアンケートツール「Survey Monkey」およびワード返答用紙にて回答を収集、集計 有効回答数: 238社(273社中) 回答率: 87% 結果はこちらからからご覧いただけます。 この結果が皆様にとって少しでもお役に立てれば幸いです。また、NFIAなどのオランダ政府機関、在蘭日本国大使館とも情報を共有させていただき皆様からのお声をお届けいたします。 なお末筆になりましたが、アンケート内で、皆様よりご要望、ご提案、ご意見の他、温かな激励のお言葉を多数頂戴いたしました。 関係者一同、大変うれしく、心よりお礼申し上げます。今後共会員の皆様へ正確な情報を、タイムりーにお届けできるよう努めて参ります。ご意見、ご要望、ご質問などございましたら、何なりとお知らせください。 今後共どうぞよろしくお願い申し上げます。

March 30, 2020

第46回オランダ日本国大使杯・JCC杯争奪ソフトボール大会についてのご案内

通常会員各位   2020年2月26日 JCC生活厚生部会 2020年 第46回オランダ日本国大使杯・JCC杯争奪ソフトボール大会についてのご案内     時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて、本年度の表題ソフトボール大会につき添付のようにご案内申し上げます。 前回、参加されたチームへはすでにご連絡済みですが、会員各位にご案内申し上げます。 もし 「参加メンバー数がそろわない」、「小人数だが参加したい」 という団体がありましたら合同チーム設立等を検討しますので幹事様宛にご連絡頂ければと思います。   なお、参加を希望されるチームを対象に下記要領にて説明会及び組み合わせ抽選会も予定しています。   どうぞふるってお申し込みください。   JCC事務局     ========================= 関係者各位 2020年2月26日 2020年 第46回オランダ日本国大使杯・JCC杯争奪ソフトボール大会についてのご案内     さて、毎年恒例となっております在オランダ日本国大使杯・JCC杯争奪ソフトボール大会を下記要領にて開催いたします。   日程 開会式:  5/16(土) 予選リーグ: 5/16(土)、5/17(日)  予備日:6/13(土)、6/14(日) 決勝トーナメント:  6/27(土)、6/28(日)  予備日:7/4(土)、7/5(日) 閉会式:   6/28(日)   予定会場    予選リーグ:          Bos公園 決勝トーナメント:  DVH Amstelveen球場   大会形式    ・同大会ルールに準じるソフトボール(9人制)。 ・試合は予選リーグを勝ち抜いたチームが決勝トーナメントへ進み、準決勝、決勝を行う。 ・大会参加費 1チーム 200ユーロを予定(ソフトボール用具代、会場費、安全対策等)。   参加を希望されるチームを対象に下記要領にて説明会及び組み合わせ抽選会を予定しています。お手数ですが、添付用紙に必要事項をご記入の上、3月16日(月)までにEメールにてご返答くださいますようお願い申し上げます。     記   日時:                  2020年3月26日(木) 18時30分開始 場所:                  Duiketeam NEMOクラブハウス (住所) Ouderkerkerlaan 15 /BG, 1185 AB Amstelveen 議題:                  試合組み合わせ、大会参加費受領   お問合せ、お申し込み: 大会事務局(デンソー) 織田: (E-mail) S.Oda@eu.denso.com 長瀬: (E-mail) Y.Nagase@eu.denso.com       敬具     =========================================================   第46回オランダ日本国大使杯・JCC杯争奪ソフトボール大会 大会事務局  デンソーインターナショナルヨーロッパ 長瀬、織田       ///////////////////////////////////// (このメールは配信登録を頂いている会員企業の皆様にBCC形式でお送りしています。今後配信をご希望されない場合はお知らせください/ This message has been sent to the JCC members who registered in […]

February 28, 2020

手紙爆弾への注意喚起 

不審な郵便物にご注意ください! 1月から蘭メディアを中心に報じられている通り、手紙爆弾が事務所、企業の郵送仕訳センターなどへ送られる事件が相次いでおります。手紙を開ける際には十分にご注意ください。中にはビットコインで送金する旨の脅迫状が同封されているようです。 1)手紙の特徴(オランダ警察ホームページより) 白い封筒で厚みがあること 切手が2枚貼られていること 送付元、宛先住所が印刷された紙が封筒に貼られていること 1月に見つかった封筒にはCIB(ロッテルダムの債権回収会社)の住所とロゴが記載 2月12日、13日に発見された封筒には上記会社の掲載は無し 「カチカチ」という時計音がする場合もある 封筒内に電線ケーブルのようなものが確認される場合もある 2)手紙の画像 (オランダ警察ホームページより) 1月3日 発見の手紙爆弾(未爆発、CIBが送付元と記載されたもの)はこちら 2月12日 発見の手紙爆弾(爆発後)はこちら 3)外務省HP掲載の手紙爆弾の対処方法(6ページ及び9ページ) 不信な封筒を受け取られた場合は触らず、早急に警察(電話番号112)へ通報してください。

February 13, 2020